サンドの飯よりブログ書け

好きなことして生きていきてー。 たまお

夏の蒸し蒸しした暑い日に汗臭くならないための対策

こんにちは!

今、ちょうど梅雨に入っていてそこまで暑さを感じないですが、これから梅雨が明けると蒸し蒸しした暑い日が連日続きます。

f:id:saitamatamao:20190617163101j:image

暑くなると汗っかきな人は、汗をかきすぎて汗臭くなってしまうことがすごい気になりますよね。

私も汗っかきなので夏は好きなのですが蒸し蒸した暑さは苦手です。

 

そこで少しでも汗をかかないように軽減するための対策や汗臭さを軽減する日々の対策方法について書いていきます!

 

汗を軽減させるツボを押す

仕事中時間ギリギリまで急いで走ってお客様に会ったり、会議に行かなくてはいけない時が仕事をしていると多々あると思います。

 

そんな時に押してほしいツボがあります。

 

上半身、特に顔の汗を抑えたいときは、バストの5cm上あたりを押してみてください!

完全に止めることはできませんが、刺激した部分から上の発汗が一時的に止まります。

顔の汗をかいていると周りの目が気になって逆に汗が出てくることが私の場合はよくあるので!同じような経験がある人は試してみてください。

 

下半身の汗を止めたいときは、左右の腰あたりを強く圧迫しましょう!

そうすると上半身と同じように一時的に汗が止まるはずです。

 

汗臭くなる理由

汗は臭いと思われがちですが、出たばかりの汗は無臭です。

汗を拭かずに放っておくと、皮脂や垢と雑菌とが混ざり合い、汗臭い臭いが発生します。

汗の臭い対策はすぐに拭き取ることが大切です。

f:id:saitamatamao:20190617163110j:image

臭いを予防するために心がけるべき行動

朝、1分間シャワーを浴びる

朝はたった1分間でもシャワーを浴びるだけで就寝中に分泌された汗・皮脂・垢などの臭いの元が洗い流され、体臭が発生しにくくなります。

 

昼、汗をかいたら1時間以内に拭き取る

汗は1時間ほど経つと雑菌が繁殖して悪臭に変化します。汗をかいたら1時間以内にボディシートか濡れタオルで拭き取りましょう!

 

夜、お風呂は最低でも5分間浸かる

お風呂に5分以上浸かることによって、体臭の原因となるベタベタして臭いの強い汗が出て、体臭予防になります。

 

日頃から意識して予防することで少しでも汗臭さを予防するようにしましょう!

 

まとめ

汗をかいてしまった時やかくまえの予防としてオススメなのが制汗スプレー汗拭きシートロールオンタイプの臭い予防です!

 
これらの商品を利用して、自分の精神面にも大切ですが他の人に不快感を与えないように心がけていきましょう!